忍者ブログ
HOME   »  押し貸し対策
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
1

2020 .07.09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

被害に遭わないためには

銀行口座を業者に知られないようにするのが一番です。その為にも他人に口座をむやみに教えてはいけません。最近ではネットからの流出が増えているそうなので、ネットで商売をしている人や、現金取引をしている人は十分注意が必要です。

業者は「多重債務者」の名簿を利用して振込みを行っている場合が多いので、金融機関に知られている口座の解約・変更も有効です。 もしも怪しげな振り込みがあった場合には、警察や公共の法律相談窓口にすぐ相談しましょう。


ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
PR
取立て、嫌がらせ
    脅迫や、嫌がらせについてはヤミ金融とほぼ同じですが、最近では、手法が非常に修練されたものに変わっています。
 当会で報告されているものだけでも、
 被害者の自宅周辺の住民宅へ嫌がらせ電話を集中して掛け続ける。
 関東の090恐喝業者が関西の同犯業者を使って自宅へ取立てによこす。
 夜中に被害者宅に勝手にタクシーの手配や出張風俗嬢をよこす。
等々の手口があります。
 被害者が対決姿勢を示したり、法律家に依頼するとしばらくは取立が収まるのがこれまでの通例でしたが、最近は終息後一定期間の後にまた恐喝取立行為がはじまるという事例も少なくありません。
 「090恐喝」業者は直接手を染めずに他の被害者を指図ないし脅して取立や嫌がらせ行為の実行犯に仕立てるといった周到さで、取立てに使われている携帯電話すら別の被害者の機器であったりもします。
 (3)弱そうなところ、金になりそうなところへ集中攻撃
  最近ではあまり弁護士・司法書士らを脅したりしません。被害者が最も困り果てるウィークポイントとなる親族や近隣住民らにターゲットを絞って仲違い・j混乱させ、疑心難儀に陥れて心身ともに疲弊させるという卑劣な手法も特徴です。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
そもそも、押し貸しとして有名な手法で、多重債務者を狙って、直接債務者の銀行口座内に無理やりお金を 融資する手法です。こんなことないだろ?と思われる方もいるかも知れませんが、私の知人は数年前に被害に 合っています。

結論を最初に申しますが、これらの行為は全て法律違反です。 貸金業者は、お金を貸し出す前に、必ず、金銭消費貸借契書を債務者との間に結ぶ必要があります。

貸金業者側には、貸し付ける内容を細かく明記した、書面一式を借主に交付する義務があります。 (これがなければ、貸付は不可能です)

ということは、知人の例ですと、全く金銭の借り入れを申し込んでもいないのに、闇金業者側に自分の口座に お金を振り込まれたわけですから、意思が全くないのですから、契約は無効となります。

ヤミ金対応アヴァンス法務事務所
ヤミ金解決専用フリーダイヤル0120-567-607
ランキング
ブログランキングならblogram ブログランキング ブログランキング

ブログランキングを一括クリックする
バーコード
フリーエリア

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31